プリンスリーグ四国、残り2節

プリンスリーグ四国、11/23 の試合を終えて、いよいよ残り2節となった。

優勝は11/20 にカマタマーレ讃岐U-18が大手前高松高校を 2-1 で下して優勝を決めた。カマタマーレ讃岐U-18は初優勝。

そして、2位争いは愛媛FC U-18 が2位につけている。次節、今治東中等教育学校に勝てば、1試合を残して2位が決まる。

今年は上位2位までがプレミアリーグ参入戦に進む。参入戦(プレミアリーグプレーオフ)では、全国18チームが6枠を争う。

さて、降格争いであるが、尽誠学園高校の最下位は確定しているため、降格が決定。

9位チームは降格候補となる。(1位、2位の2チームの両方がプレミアに参入した場合のみ降格を免れる)

4位、今治東中等教育学校、5位、徳島市立高校は勝ち点18。おそらく、得失点差の関係でこの両チームは残留確定と思われる。

6位の四国学院大学香川西高校は勝ち点16、残り2試合
 第17節(11/27) 大手前高松高校
 第18節(12/4) 今治東中等教育学校

大手前高松高校戦に引分けで、得失点差の関係でほぼ残留が確定と思われる。
連敗した場合、徳島ヴォルティスユースが連勝、高知中央高校vs大手前高松高校が引き分けに終わると9位なる。

7位の高知中央高校は勝ち点16、残り1試合は、
 第18節(12/4) 大手前高松高校

最終節に敗れた場合、徳島ヴォルティスユースが勝ち点3をあげると9位に転落してしまう。

8位の大手前高松高校も勝ち点15、残り2試合
 第17節(11/27) 四国学院大学香川西高校
 第18節(12/4) 高知中央高校

どちらかに勝利、または、2分けでもおそらく得失点差の関係で残留が確定する。
連敗した場合、徳島ヴォルティスユースが勝ち点3をあげると9位に転落する。

9位の徳島ヴォルティスユースは勝ち点13、残り2試合
 第17節(11/27) カマタマーレ讃岐U-18
 第18節(12/4) 愛媛FC U-18

今治東中等教育学校戦を敗れてしまい、非常に厳しくなってきた。
基本的には残り連勝すれば、自力で残留である。
他の試合結果によっては、1勝で残留できる可能性もあるが、期待せずに連勝して終わりたいところである。
連勝すると、勝ち点19。大手前高松高校が四国学院大学香川西高校に勝って勝ち点18にのばしても、高知中央高校と大手前高松高校が直接対決であり、両方そろって勝ち点19以上あげることが不可能である。

11/20までの結果。実は四国学院大学香川西高校、大手前高松高校、高知中央高校が三つ巴であるため、11/20の時点でも徳島ヴォルティスユースは連勝で自力残留である。

11/23の結果を反映した結果が以下。


高円宮杯(U-15)四国予選、決勝

高円宮杯(U-15)四国予選の決勝が 11/20 に行われた。

徳島ヴォルティスJY は FCゼブラと対戦し、1-0 で勝って四国第一代表として本大会出場を決めた。どっちになるかで会場が大きく違うため、勝ってよかった。

また、2012年のときの借りも返すことができた。あのときは悔しい思いをしたのであった。

本大会では少しでも長く勝ち残って欲しい。本大会は 12/11 開幕である。





ホームグロウン選手

2021年のホームグロウン選手は、J1 3名
2022年は J1 4名、J2 / J3 1名となっている。

昨年11月には、

2023年は J1 4名、J2 / J3 2名
2024年以降は別途定める

と発表となっている。

来年からは、J1にいるならホームグロウン選手は4名は必要である。

2021年度高校優秀選手

昨日の高校サッカー選手権予選決勝前に、2021年度の徳島県高校サッカーの優秀選手が発表となった。

今年は34名、徳島ヴォルティスユースからは3年生全員が選ばれた。
他に徳島ヴォルティスジュニアユース出身の選手は3名、徳島市立高の藤島くん、徳島北高の三原くん、徳島科学技術高の山本くん。
徳島ヴォルティスユースの選手は今日は練習試合かなにかでしょうか、全員欠席でした。

今年は徳島ヴォルティスユースから12名で最多、徳島市立高は7名、続いて多かったのは徳島科学技術高の5名であった。

以下が今年の一覧、クリックすると2007年から2021年までをpdfにしています。



徳島ヴォルティスユースの選手は、2007年以降優秀選手として選出されていて、今年で累計95名になる。




徳島県高校サッカー選手権、決勝

徳島県高校サッカー選手権、決勝が11/13に行われた。

徳島市立高校(PL四国 4位) 1-4(0-2,1-2) 徳島商業高校(T1 2位)

 前半13分 徳島商 大坪 1-0
 前半15分 徳島商 守岡 2-0
 後半21分 徳島市立 林 1-2
 後半40+4分 徳島商 冨士村 3-1
 後半40+5分 徳島商 冨士村 4-1

徳島商高が前半13分にFKから先制。15分にはいい位置からのシュートが決まった。徳島商高の積極的な攻めでシュート2本で2点を奪った。
その後は徳島市立高もパスをつないでなんとか得点を奪おうとしたが、徳島商高の前からのプレスが結構効いていた。
後半21分に林くんのヘッドで1点差と迫るも、アディショナルタイムに冨士村くんの2得点で徳島商高が勝ちきった。



得点ランキング



高知県は高知高校、愛媛県は今治東中等教育学校、香川県は高松商業高校が代表に決まった。




月別 アーカイブ