トレカ2018、280枚

Jリーグのトレカ、8/4も購入して、これで280枚。

結構かぶってます。欲しい方がいましたら差し上げます。

サガン鳥栖のレジェンドカードは豊田陽平選手でした...。

今まで購入したのはこちら

許家元七段が碁聖獲得

碁聖戦で許家元七段が井山裕太七冠を3-0のストレートで破り、碁聖獲得。

これで、8/4付けで八段昇段も決めた。
タイトル獲得などによる昇段規定が適用されるのは今回が31回目。
このケースでの八段昇段は9例目。

八段昇段は、
井山裕太棋聖が19歳1ヶ月
伊田篤史八段が20歳0ヶ月
一力遼八段が20歳5ヶ月
その3人に続いて4番目に若い20歳7ヶ月となる。

九段昇段は、最近は井山棋聖がタイトル独占状態であったため、2009年に井山棋聖が九段昇段してからタイトル獲得などによる昇段で九段昇段は誰もいない。



トレカ2018

Jリーグのトレカをホームゲームの度に購入しています。
70枚、70枚、70枚で既に210枚。
結構かぶってきているものもあり、欲しい方がいましたら差し上げます。

徳島ヴォルティスの選手は、コンプリートしました。
2 ブエノ選手
3 大﨑玲央選手
11 島屋八徳選手
になります。

東京V
京都
岡山
はまだ一枚もゲットしてません。

レジェンドカードというのもあったりします。

今まで購入したのはこちら

徳島ヴォルティス、背番号別の成績

新加入の選手が続々といる中、徳島ヴォルティスを去って行く選手もいるわけで。

どうも、背番号1、背番号9 は徳島ヴォルティスでは縁起の悪い番号なんでしょうか。。。



クラブユース(U-18)、ヴォルティスユースは予選敗退

やはり自力がないというのは悔しいものですね。
2試合が終わって勝ち点1。
3試合目で、4点差勝利して、セレッソ大阪U-18 が勝てば決勝トーナメント進出、、というところまでいったが、レノファ山口U-18 に見事に4点差で勝利したが、セレッソ大阪U-18 が三菱養和SCユースに敗れたため、予選敗退となってしまった。

初めて本大会に出場した2009年は2得点をあげたものの予選リーグは3敗。
2回目の出場であった 2015年は、PKの1得点のみであるが勝ち点4。最終日まで予選突破の可能性を残した状態であった。
そして、3回目の出場となった今年は、7得点、勝ち点4。予選突破まであと少しだった。
来年以降に期待したいですね。

2018/07/22 徳島ヴォルティスユース 2-2 三菱養和SCユース ▽得点者【徳】久米航太郎、八木祐哉
2018/07/23 徳島ヴォルティスユース 0-4 セレッソ大阪U-18
2018/07/25 徳島ヴォルティスユース 5-1 レノファ山口U-18 ▽得点者【徳】市川健志郎、山田誠人2、八木祐哉、豊福直人

1.三菱養和SCユース 勝ち点7 →決勝トーナメント進出
2.セレッソ大阪U-18 勝ち点6 →決勝トーナメント進出
3.徳島ヴォルティスユース 勝ち点4
4.レノファ山口U-18 勝ち点0

今年の徳島ヴォルティスユースの出場記録は以下のようになっている。



月別 アーカイブ