ホームグロウン選手

「ホームグロウン制度」
「ホームグロウン制度」の導入

<ホームグロウン制度>
1)Jクラブは、ホームグロウン選手(以下、HG選手)を規定の人数以上、トップチームに登録しなくてはならない。
2)HG選手の登録数は、開幕時の登録ウインドー終了時にカウントし、期限付移籍の選手は、移籍先クラブでの登録とみなす

2019年、J1:2人以上、J2/J3:定めなし
2020年、J1:2人以上、J2/J3:定めなし
2021年、J1:3人以上、J2/J3:定めなし
2022年、J1:4人以上、J2/J3:1人以上

■ホームグロウン選手の定義の定義は以下となっている。

・12歳から21歳の間、3シーズン又は36ヶ月以上、自クラブで登録していた選手
・満12歳の誕生日を含むシーズンから、満21 歳の誕生日を含むシーズンまでを対象とする
・期間は連続していなくてよい
・21歳以下の期限付移籍選手の育成期間は、移籍元クラブでカウントする
・選手を国籍、又はプロ/アマの別、又は年齢で区別しない
・JFA・Jリーグ特別指定選手は、HG選手と見なさない

現在の徳島ヴォルティスの選手では、、、

16 渡井 理己:1年半(満19歳、満20歳のシーズン)
17 表原 玄太:3年半(満12歳~満15歳のシーズンの途中まで) ※神戸で3年、愛媛で3年
28 久米 航太郎:6年半(満13歳~満18歳のシーズン)
32 小西 雄大:2年半(満19歳~満21歳のシーズン) ※G大阪で6年
33 藤原 志龍:6年半(満13歳~満18歳のシーズン)

現在該当するのは表原玄太選手、久米航太郎選手、藤原志龍選手の3名。
渡井理己選手があと1年半、小西雄大選手はあと半年でホームグロウン選手となる。

期限付き移籍している選手では、2人が該当する。それぞれあと半年、1年半でホームグロウン選手になる。

川上 エドオジョン 智慧:2年半(満19歳~満21歳のシーズン) ※浦和で6年
坪井 清志郎:1年半(満19歳、満20歳のシーズン) ※富山で3年


ちなみに愛媛は 4人。

5 前野 貴徳:6年(満13歳~満18歳のシーズン)
13 岩井 柊弥:6年半(満13歳~満19歳のシーズン)
26 渡邊 創太:6年半(満13歳~満19歳のシーズン)
27 中川 裕仁:半年(満19歳のシーズン) (あと2年半)
28 清川 流石:6年(満13歳~満18歳のシーズン)

現在、Jリーグに所属している選手で、保有者は、

曽根田 穣:現甲府 ※愛媛で6年(満13歳~満18歳のシーズン)
渡邊 一仁:現岡山 ※愛媛で3年(満13歳~満15歳のシーズン)
越智 亮介:現藤枝 ※愛媛で3年(満19歳~満21歳のシーズン)
増谷 幸祐:現琉球 ※愛媛で3年(満16歳~満18歳のシーズン)
表原 玄太:現湘南 ※愛媛で3年(満19歳~満21歳のシーズン)

そして讃岐は、2人。

澤田 健太:3年半(満16歳~満19歳のシーズン)
濱口 草太:4年半(満16歳~満20歳のシーズン)
林 友哉:1年半(満19歳~満20歳のシーズン) (あと1年半)

2019/7/19時点でのJリーグの登録選手ではどうなっているかというと、、、。
多い順から以下のようになっている。

13名 清水エスパルス
12名 セレッソ大阪
12名 サンフレッチェ広島
11名 鹿島アントラーズ
11名 ジュビロ磐田
11名 ガンバ大阪
10名 北海道コンサドーレ札幌
10名 FC東京
9名 横浜F・マリノス
8名 浦和レッズ
8名 ヴィッセル神戸
5名 大分トリニータ
5名 川崎フロンターレ
5名 ベガルタ仙台
4名 名古屋グランパス
4名 湘南ベルマーレ
4名 サガン鳥栖
1名 松本山雅FC

松本山雅FCは前田大然選手だけで、さらに移籍しようとしているため、J1に残る場合は来年はまたまた大変なことになるかも。

U-16四国トレセンリーグ

3試合の結果を書いておきます。公式記録からのコピペなので名前が微妙に異なっていますがご容赦を...。

4/21
 高知県 1-8(0-5,1-3) 愛媛県
  ▽得点者【高】松井匠(70分、PK)【愛】高瀬太聖2(12分、35分)、十亀良幸2(19分、53分)、梶原彗汰(39分)、浅井一希3(41分、51分、71分)
 香川県 3-3(2-1,1-2) 徳島県
  ▽得点者【香】小山聖也(24分)、富永拓斗(29分)、岩佐麟太郎(86分)【徳】四宮悠成(42分)、藤田樹(49分)、高田大鳳(69分)
5/12
 高知県 2-2(0-1,2-1) 香川県
  ▽得点者【高】松井匠(58分)、増田浩大(63分)【香】佐々木浩汰2(40分、84分)
 愛媛県 2-1(1-1,1-0) 徳島県
  ▽得点者【愛】高瀬太聖2(18分、78分)【徳】梅本翼(9分)
6/23
 徳島県 3-1(1-0,2-1) 高知県
  ▽得点者【徳】片山寛人(14分)、藤崎琉依(75分)、大本智也(88分)【高】室天舞(90+3分)
 愛媛県 4-1(2-0,2-1) 香川県
  ▽得点者【愛】小嶋啓太2(2分、14分)、十亀良幸(66分)、高瀬太聖(85分)【香】小山聖也(76分)

徳島県は見事に7人が1得点ずつの7得点。

最多得点は今治東の高瀬太聖くんの5得点。ほんとは瀨と書くのが正しい様子。現在プリンスリーグ四国でも、6得点をあげて得点ランキングの4位。

出場メンバーを見てみると、徳島県では徳島ヴォルティスユースから13名が出場。第3節はスタメン全員が徳島ヴォルティスユースの選手だったりしたことも。
愛媛県はGKは新田高の田中藍人くん、新田高でもスタメン出場を続けている。愛媛FC U-18 からは10名。第2節からはFC今治U-18 からも2名。そしてさきほどのスピードがある高瀬くん、高さのある小嶋啓太くんは脅威である。プレミアリーグでもここ2試合スタメンで出場している1年生の浅井一希くんは昨年も中学生で国体に出場しているボランチ。同じく昨年中学生で国体に出場した梶原彗汰くんは第1節しか出場していないがいいFW。攻撃陣はかなり脅威である。
香川県はカマタマーレ讃岐U-18から11名、カマタマーレ讃岐U-15から1名。
GKは松原快晟くん。U-15日本代表候補であるし、すでにプリンスリーグ四国でも2試合に出場している。他にもカマタマーレ讃岐U-15出身の選手が何人かいるという状態。
FW陣は1年生ながらプリンスリーグ四国で9得点をあげている岩佐麟太郎くん、同じく1年生の小山聖也くんは2得点で、プリンスリーグ四国でも少ない出場時間ながら2得点をあげている。カマタマーレ讃岐U-15出身の佐々木浩汰くんは第2節に2得点をあげている。
第3節は愛媛県に敗れているが、川田脩斗くん、田尾佳祐くん、岩佐麟太郎の3人がメンバーから外れ、GKも松原快晟くんが出ていない。

トレセンリーグの結果を元に国体での対戦順が決まったようである。

(1) 愛媛県 勝ち点9 3勝
(2) 徳島県 勝ち点4 1勝1分1敗
(3) 香川県 勝ち点2 2分1敗
(4) 高知県 勝ち点1 1分2敗

8/9 (金)
 16:00 徳島県 - 香川県 東部第1
 18:30 愛媛県 - 高知県 東部第1
8/10 (土)
 16:00 徳島県 - 高知県 東部第1
 18:30 愛媛県 - 香川県 東部第1
8/11 (日)
 18:00 香川県 - 高知県 東部第1
 18:00 愛媛県 - 徳島県 東部第2

ここ最近のU-16トレセンリーグ、国体の出場記録などなど

柏戦

残念ながら 1-2 の逆転負け、、でした。

で、この日もサポートスタッフでした。
いつもと違うメインの再入場口でした。

カマタマーレでボランティアをやっている方にばったりと会いました。
お互いに、「ん、ここはどこだ?」と思ったことかと......。

最後にいろいろと耳の遺体は無し、、違う、耳の痛い話を聞いたりと......。

ここまでのサポートスタッフ参加記録

プリンスリーグ四国第7節

Twitter に書いたのをまとめておきます。

徳島ヴォルティスの観客数

2005年~2019年の徳島ヴォルティスの観客数。




月別 アーカイブ