高校サッカー選手権予選準々決勝

徳島県大会、
10/27 に準々決勝が行われました。
川島高 vs 小松島高は、川島高が勝つかなぁ、、と思ったのですが、なんと小松島高が勝ってベスト4進出を決めました。
今日 11/3 は準決勝となります。

準決勝のカードは、
徳島市立高(プリンスリーグ四国3位) vs 鳴門高(T1 5位)
小松島高(T2 10位) vs 徳島北高(T1 1位)
のカードになります。

ここ2年間の対戦成績はこちら。

ここ2年間で徳島市立高と鳴門高の公式戦での対戦はありませんでした。
そして、小松島高と徳島北高は、昨年、今年と総体で対戦し、いずれも徳島北高が勝っています。



四国4県では。
高知西高と明徳義塾高のプリンスリーグ四国勢の対戦は高知西高がPK戦で勝利となっています。
香川県では、プリンスリーグ四国勢は3チームが勝ち上がり、本日準決勝です。




クローバーリーグ最終節、結果

今日、10/27、2018年のクローバーリーグ最終節が新居浜で行われた。

第1試合、愛媛FC U-15 新居浜とFCコーマラントとの試合。愛媛FC U-15 新居浜が 5-0 と大勝し、まずは暫定首位に浮上。そしてFCコーマラントの9位も確定。
もう一つの会場ではプルミエール徳島SC が 3-2 で FCゼブラに勝利。3-0 から2点を終盤に奪われるも逃げ切った。この時点で、FCゼブラの3年連続5位、プルミエール徳島SCの初のクローバーリーグ残留が確定。

第2試合、消化試合となった徳島FCリベリモと高知中学校の試合。徳島FCリベリモが 4-1 で勝利。この結果、徳島FCリベリモは、7位、高知中学校は8位となった。
もう一つの会場では愛媛FC U-15 がシーガルFCを3-1で下した。

そして、いよいよ第3試合。

徳島ヴォルティスJYは、GK1久保力輝、2谷聖己、3佐藤悠安、4森厚達、5小林洸翔、7中角海音、8藤﨑琉依、9高田大鳳、10大本智也、11藤島涼介、20新田洸成

徳島ヴォルティスJY vs カマタマーレ讃岐U-15 の試合。
前半4分、ヴォルティス7番の中角くんの得点で先制!
前半7分、カマタマーレ58番、富永くんの得点。GKのクリアボールが渡ってしまい、シュートはGKの頭上を越えてゴールマウスへ。
前半17分、カマタマーレ57番、富永くんのシュートがDFにあたりコースが変わりゴールマウスへ。
前半は1-2
後半、ヴォルティスは20番の新田くんに代えて、18潘、廣永琉樹くんを投入。
後半3分、カマタマーレがCKから最後は54番の田尾くんのヘッドでカマタマーレ3-1
後半8分、ハーフライン手前からカマタマーレ67番の森くんのロングシュートが決まりカマタマーレ4-1
後半20分、ヴォルティスDFのクリアがカマタマーレ53番佐々木くんの体にあたり、その跳ね返りがゴールマウスへ。
後半33分には7番の中角くんに代えて14番の佐藤太亮くんを投入。
後半35分には11番の藤島くんに代えて13番の山本虹太郎くんを投入するも得点を奪うことができず。
結局 1-5 で敗れ、2年連続のクローバーリーグ制覇はならなかった。

悔しい結果となってしまったが、高円宮杯はこのあと来週から四国予選が行われ、優勝チームが四国第2代表と本大会に出場します。6年連続の本大会出場を目指し頑張って欲しいです。






クローバーリーグ最終節

いよいよ本日、10/27 が 2018年のクローバーリーグ最終節となります。

現時点で首位は徳島ヴォルティスJY、15勝1分1敗、勝ち点46
2位は愛媛FC U-15 新居浜、15勝2敗、勝ち点45。

勝ち点差はわずかに1。

先に愛媛FC U-15 新居浜の試合が 10時から行われ、徳島ヴォルティスJY の試合は 14時からである。
おそらく愛媛FC U-15 新居浜はその試合を勝って、徳島ヴォルティスJY の試合待ち、となることかと思う。
徳島ヴォルティスJY はそこで勝てば優勝、引き分け以下では2位となる、、という展開になりそう。

愛媛FC U-15 新居浜は FCコーマラントと対戦。FCコーマラントは既に初のクローバーリーグからの陥落が決まっている。(プレーオフ次第では残留の可能性もあり)

一方、徳島ヴォルティスJY の相手はカマタマーレ讃岐U-15。昨年はカマタマーレ讃岐U-15 と激闘を繰り広げて、今年も 3位に入っている強豪チームである。

今年で10年となるクローバーリーグ。
当初は2月ぐらいまで行われ、前期と後期でチームの主力が変わるような状態でのリーグ戦。8チーム1回戦総当たりの時を経て、今のように2月から3月に開幕、10月に閉幕、という流れになっている。

来年からはプリンスリーグ同様に4月開幕になるらしいです。

さて、本日の試合に戻り、、徳島ヴォルティスJYは勝てば5回目の優勝で愛媛FC U-15 に並びます。愛媛FC U-15 新居浜は勝てば初優勝。

ユースを多く応援されている方もいるかと思うが、まずはこの年代をぜひ注目して欲しいかと思います。
面白い逸材などいます。
この U-15 世代がそれぞれ U-18 にあがりクラブは強くなっていきます。
ここを手を抜いているクラブは、U-18、そしてトップチームとこの先強いクラブを作れないかと思います。

この試合だけでもぜひ観戦して欲しいかと思います。

あと、楽しみはシーズンを通して成長が見えること。

徳島ヴォルティスJY はクローバーリーグ初戦が愛媛FC U-15 新居浜でした。
結果は 0-4。
秋に再戦したときは、0-1 からの逆転で 4-1。
最初の試合には出ていて後の試合には出ていなかった選手とか、逆の選手もいたり、比較はできないのですが、非常に成長を感じました。



高校サッカー選手権予選2回戦

徳島県大会、
10/20 が2回戦、そして今日 10/27 は準々決勝となります。

2回戦は第3、第4シードの徳島商高、池田高が敗れました。
徳島商高は川島高に逆転負け。池田高は鳴門高に敗れました。

ベスト8は、徳島市立高(プリンスリーグ四国3位)、鳴門渦潮高(T1 3位)、徳島科学技術高(T1 6位)、鳴門高(T1 5位)、川島高(T1 7位)、小松島高(T2 10位)、阿波高(T1 9位)、徳島北高(T1 1位) となりました。

T2勢では小松島高のみが勝ち残っています。小松島高はここ最近のトーナメントはすべてベスト8まで勝ち残っているチーム。

本日の対戦は、
徳島市立高 - 鳴門渦潮高:やはり徳島市立高が優位でしょうか。
徳島科学技術高 - 鳴門高:今日一番面白いカードになりそうです。どちらに転ぶか全く分かりません。
川島高 - 小松島高:やはりT1の川島高でしょうか。
阿波高 - 徳島北高:徳島北高になるでしょうか。

ここ2年間の対戦成績はここの6ページ目に。



四国4県では。
松山工高が敗れました。愛媛県のプリンスリーグ四国勢は全滅です...。
そして、高知県は本日がプリンスリーグ四国同士の対戦となります。




高校サッカー選手権予選1回戦

10/13、14 が高校サッカー選手権徳島県予選の1回戦でした。

ほぼ、、順当でしょうか。

観戦した試合は、
10/13
 鳴門渦潮高 3-0 城ノ内高
  鳴門渦潮高が前半を 1-0 で折り返すも後半早々に鳴門渦潮高に退場者が出て苦しい展開。しかし、2点を追加した鳴門渦潮高が 3-0 で勝利。
 阿南工高・阿南光高 1-3 富岡東高
  後半のみ観戦しました。9人の富岡東高が前半は2-0でリード。1点差にせまられ、さらに足がつって一人外にいる状態が長く続くも 8人で追加点をあげた富岡東高が 3-1 で勝利。
10/14
 鳴門高 6-0 つるぎ高
  最初は苦戦するかと思っていたが、鳴門高が 6-0 と快勝。
 川島高 8-1 徳島文理高
  徳島文理高は後半ATに1点を返してなんとか一矢を報いました。
 富岡西高 7-0 池田高辻校
  順当に富岡西高が勝利。
 城西高 0-3 城東高
  前半に3点をあげた城東高が勝利。

徳島県予選自体は1回戦はほぼ順当で無風でした。



愛媛県では今治東中等教育学校、新田高が敗れるという状況、香川県でも寒川高が敗退。




月別 アーカイブ