プレミアリーグ、プリンスリーグの現状

2022年よりプレミアリーグ参戦チームは24チームに拡大

昨年の1/23 に上記の記事を書いたが、結局は、このときに書いた 2-1) に近くて、1チームずつプレミアから降格し、24チーム、、ではなく、18チームでのプレミアリーグプレーオフが行われて、6チームが参入を果たした。
クラブユースは16~18ぐらいになるかな?と思ったんですが、浦和、京都が降格し、川崎とJFAアカデミー福島(クラブとしてカウントした)が昇格し、現状維持の15チームでした。
高校勢は躍進、といったところでしょうか。高校勢は2011年にプレミアリーグができてから最多の9チームが参加となる。


また、今年はどうやら関東と関西でプリンスリーグの2部制が復活するようである。
過去、九州では2004年に2部制となり、2014年まで続いた。
他、東北、関東、北信越、東海、関西、中国で2部制だったときがある。

お金が絡む問題であるが、どうも関東だと大変なようである。
プリンスリーグの運営費というのはJFAから補助金も出ているが、これはプリンスリーグを2部制にするので参加チーム数が多くなるので、補助金が多くなるか、、というとそういうわけではない。1部をそのままだとすると2部の試合はすべて参加チームが負担することになる。特に関東では会場費がものすごい高いらしい。(四国に比べて)
なので、各チームの参加費とかはかなりの金額である。
2部制にした場合に、1部と2部で公平に割ります。とすると、1部のチームからはある程度反発もあるだろう。そういう問題もあり、2部制の話はあるが、なかなか踏み切れなかったりしたはずである。でも、いよいよ、関東、関西では2部制となるようである。

お金が工面できず、2部参加を諦める、というチームも出てくるかもしれないかな。

そして、今後、関東、関西に続くところはあるのだろうか?

2022年

新年明けましておめでとうございます。

例年のごとく昨年の新年の挨拶を読み返してみました。できたこと、できてないこと、それぞれありました。
サポートスタッフへの参加。
カップ戦の3試合を含めて22試合で、20試合をフルで参加、2試合がアフターと割と参加することができました。
コロナ禍でありますし、どうなるやら分からない中でも達成できてよかったです。
22試合すべてでチケットを購入できました。メインA席ですが、なかなか競争も激しくあとになればなるほど、いつもの席は購入できなかったりしました。早く年間通しての指定席にしてほしいものです。

さて、徳島ヴォルティスは、昨年はJ1でしたが、最終節で惜しくもJ2へ降格。
なかなか厳しいシーズンでした。今年はメンバーもだいぶ入れ替わることが想像されますが、それぞれが成長してまたJ1をつかみ取って欲しい、かと思います。

TwitterやインスタなどのSNSでは出て行く選手に対してひどいことを書いているサポーターなどもいますが、選手としてプレーする期間は短いものなので、悔いが残らない形で頑張って欲しいし、今後、なんらかの形で「徳島ヴォルティス」というクラブと関わってくれる選手も出てくるかと思います。
なので、出て行く選手も快く送り出してほしいものです。

徳島ヴォルティスユースはプレミア参入戦を目指しましたが、こちらは低迷が続き、辛うじて残留を決めました。非常にギリギリでした。
クラブユースも敗退。
なかなか苦しい年でした。今年は特に無観客試合ばかりで公式戦は誰も観戦できていない状況。いまの3年生たちはほとんどプレーを観てもらえてない状況なので、非常にかわいそうであり、申し訳ないなぁ、、という気分です。

徳島ヴォルティスJYはクローバーリーグはすべての試合をこなすことができませんが、全勝。プレーオフでも勝ち抜き、高円宮杯の本大会へ。そして本大会ではベスト8の偉業。クラブ初でした。
クラブユースの方もしっかりと四国予選を勝ち抜き、本大会でも予選リーグは3位ながら突破、1回戦で敗れたけど、ベスト32まで残りました。
このメンバーがどれぐらい残るか、非常に楽しみです。

ジュニアはやはり最高学年はすごかったです。ほぼ県内無敵だったみたいです。
JYにあがってくる選手も多いかと思います。期待しています。

今年はトップはJ1昇格を目指し、ユースは久々のクラブユース出場、プリンス優勝、プレミア参入戦勝ち抜きを目指し、ジュニアユースはクローバーリーグ優勝、クラブユースとともに全国大会出場を目指して、ジュニアも全国大会で上位を目指して頑張って欲しいです。

さて、個人的には、今年もですが、体調には気をつけたいかと。コロナにはなりたくない。。。
あとは頑張って散歩しようかと。1日1万歩、というと多分達成できそうにないので、1日に5000歩ぐらいで、でも少しずつ長く続けれるように。。。体重は10kgは減らしたいです。。。頑張って元気に今年も過ごせれるようにしたいですね。
あとブログも頑張って書こう、と思います。
2日に1回は投稿できるようにしたいかと思います。
ってことで、今年の個人的な目標
・1日平均5000歩、1週間で3万5000歩
・1年で体重10kg減
・ブログ投稿を1週間で4記事
なるべくハードルを低くして続けれるように...。

四国のJリーグ4チームのホームグロウン状況


2021年シーズン  J1:3名 J2/J3:0名
2022年シーズン  J1:4名 J2/J3:1名
2023年シーズン  J1:4名 J2/J3:2名
2024年シーズン  J1:4名 J2/J3:2名

現時点で、、、
徳島は後東尚輝選手が契約更新して、ホームグロウン選手が1名。
愛媛は岩井柊弥選手が契約更新、黒川雷平選手の昇格で2名。
讃岐は小山聖也選手、田尾佳祐選手の昇格で2名。
今治は村井清太選手の復帰で1名。今治は1名確保のためにこうせざるを得ない状況。





ホームグロウン選手、2024年

2024年のホームグロウン選手の人数が先日発表になりました。

2023年と同じく、J1 は 4名、J2/J3 が2名。

徳島ヴォルティスは、2022年は1名だけでよいが、もちろん、J1 を考えると、4名以上は欲しいところ。

プロサッカー選手の契約、登録および移籍に関する規則(抜粋)

①ホームグロウン選手の定義
12歳の誕生日を迎える年度から21歳の誕生日を迎える年度までの期間において、特定のJクラブの第1種、第2種、第3種又は第4種チームに登録された期間(以下、本条において「育成期間」という。)の合計日数が990日(Jリーグの3シーズンに相当する期間)以上である選手を、本条において当該Jクラブのホームグロウン選手という。

②ホームグロウン選手の登録義務
Jクラブの第1種チームは、当該シーズンの初回の登録ウインドーの終了日(以下、「カウント基準日」という。)において、次に定める人数以上のホームグロウン選手を登録していなければならない。
2019年シーズン  J1:2名 J2/J3:0名
2020年シーズン  J1:2名 J2/J3:0名
2021年シーズン  J1:3名 J2/J3:0名
2022年シーズン  J1:4名 J2/J3:1名
2023年シーズン  J1:4名 J2/J3:2名
2024年シーズン  J1:4名 J2/J3:2名

③ホームグロウン制度の不遵守
Jクラブの第1種チームが、カウント基準日において前項に定める人数のホームグロウン選手を登録しなかった場合、翌シーズンにおいて当該チームが登録できるプロA選手の数(本規則1-6①に定める)は、前項に定める人数に満たない人数分減じられるものとする。

④ホームグロウン制度に関する特記事項
(1)選手が期限付移籍する場合、当該期限付移籍された期間については、期限付移籍元のJクラブの育成期間に算入されるものとし、期限付移籍先のJクラブの育成期間には算入されない。
(2)特別指定選手制度により、他のチームに登録しながらJクラブの第1種チームの試合に出場することが認められる場合、これらの期間は当該Jクラブの育成期間には算入されない。
(3)カウント基準日において期限付移籍中の選手は、本条②に定める登録義務との関係では、期限付移籍先のJクラブのホームグロウン選手としてカウントされるものとし、期限付移籍元のJクラブのホームグロウン選手としてカウントされない。

⑤その他
ホームグロウン制度に関する疑義が生じた場合又はホームグロウン制度の内容に変更がある場合は、Jリーグ理事会においてその措置又は内容を決定する。


プリンスリーグ四国、結果

プリンスリーグ四国、最後の2節の結果。

11/27、第17節

 大手前高松高校 (勝ち点15⇒18) 1-0(1-0,0-0) 四国学院大学香川西高校(勝ち点16⇒16)
 カマタマーレ讃岐U-18(勝ち点33⇒33) 1-2(1-0,0-2) 徳島ヴォルティスユース(勝ち点13⇒16)
 今治東中等教育学校 (勝ち点18⇒18) 0-3(0-2,0-1) 愛媛FC U-18 (勝ち点24⇒27)

この日の結果により、愛媛FC U-18 の2位が確定。プレミアリーグプレーオフ進出を決めた。
大手前高松高校は8位から6位に浮上。この後にカマタマーレ讃岐U-18と徳島ヴォルティスユースの試合が行われたが、
ここで徳島ヴォルティスユースが敗れた場合、徳島市立高校、今治東中等教育学校、大手前高松高校の残留が決まり、四国学院大学香川西高校の残留もほぼ決まり、最終節は勝ち点16の高知中央高校と勝ち点13の徳島ヴォルティスユースが残留を争うことになる。
先制したのはカマタマーレ讃岐U-18、記録ではGKの松原快晟くんにアシストがついてるが、実は他の選手が触っている、そのヘッドを抜け出した小山聖也くんが決めて先制。
徳島ヴォルティスユースは終盤、DFの小林洸翔くんを前線に。90+1分に右サイドからのクロスを鶴田剛生くんを経由して最後は小林洸翔くんのヘッド。松原くんの手の先を抜けてゴールに吸い込まれた。これで同点。
その後、カマタマーレ讃岐U-18の選手が足をつって交代、公式記録では90+3分となっているが実際は90+4分。CKを高田大鳳くんが蹴り、ゴール前、交代して入ったばかりの選手に当たり、小林洸翔くんの前にこぼれた。これを小林洸翔くんが蹴り込んで、ついに逆転。
徳島ヴォルティスユースは絶望的な状況から起死回生の小林洸翔くんの2得点で逆転。なんとか最終節までつないだ。

この結果、、高知高校は勝ち点23で3位が確定。4~9位が以下のようになった。

 4位 徳島市立高校 勝ち点18、得失点差 +6
 5位 今治東中等教育学校 勝ち点18、得失点差 +5
 6位 大手前高松高校 勝ち点18、得失点差 0
 7位 四国学院大学香川西高校 勝ち点16、得失点差 +9
 8位 徳島ヴォルティスユース 勝ち点16、得失点差 -3
 9位 高知中央高校 勝ち点16、得失点差-16

この6チームが勝ち点2の中にひしめき合う状況になっている。
数字上では、4~9位の全チームに4位から9位までの可能性がある。

最終節は12/4に行われ、4会場に分かれて行われたのであるが、以下の時間で行われた。

 11:00 徳島市立高 徳島市立高校 (勝ち点18) vs カマタマーレ讃岐U-18 (勝ち点33)
 11:00 高知・日高 高知高校 (勝ち点23) vs 尽誠学園高校 (勝ち点 3)
 13:30 四国学院大 今治東中等教育学校(勝ち点18) vs 四国学院大学香川西高校(勝ち点16)
 13:30 高知・日高 高知中央高校 (勝ち点16) vs 大手前高松高校 (勝ち点18)
 14:00 愛媛梅津寺 愛媛FC U-18 (勝ち点27) vs 徳島ヴォルティスユース(勝ち点16)

試合開始時間が異なっているため、不公平なのでは、という意見もあり、JFAのホームページでの速報は行わないことという中で試合は行われた。

11時に試合が始まる。まず、動きがあったのは高知高校。10番の松井匠くんの得点で1-0で前半を折り返す。
徳島市立高校とカマタマーレ讃岐U-18の試合は、前半は圧倒的に風上の徳島市立高校が攻めてシュート数は7-1というものであったが、0-0で折り返す。
この試合、後半に入ると風上のカマタマーレ讃岐U-18が圧倒するかと思ったが、そうはならず、相変わらず徳島市立高校のペースで試合は進む。
しかし、アディショナルタイムに入り、カマタマーレ讃岐U-18がついにPKを獲得、これを小山聖也くんが決めて 1-0。カマタマーレ讃岐U-18はこのまま勝ち、勝ち点を36に伸ばした。
敗れた徳島市立高校も大差で敗れない限りは残留が決まるため、この時点で残留が決まった。
11時から行われていたもう1試合は試合終盤に高知高校が2得点をあげて3-0で勝った。

そして、ついに13時半から2試合が始まった。
まずは四国学院大学香川西高校が前半9分に先制。1-0。
そして、大手前高松高校が前半41分に大津晋太郎くんのPKで先制。1-0。
その直後、愛媛FC U-18が前半12分に浅井一希くんの得点で先制。1-0。
四国学院大学香川西高校は前半終了時、1-0であったが、シュート数は 13-4 と圧倒している様子。
後がない高知中央高校は前半終了で、0-1 であるが、シュート数は 7-3 とリード。
30分遅れで始まった四国ダービーは、前半の終了間際にも愛媛FC U-18が追加点をあげて 2-0。シュート数も 7-1 と圧倒。

四国学院大学香川西高校は終了間際の90分に追いつかれて 1-1 で引き分け。
高知中央高校は後半のシュート数は 11-2 と圧倒したが、1点が遠く、0-1 で敗れた。
この時点(後半30分過ぎ)では、徳島ヴォルティスユースは 0-4 とリードされていたが、15点差で敗れない限りは残留が決まる状況となった。
また、今治東中等教育学校、四国学院大学香川西高校、大手前高松高校の残留も決まった。
このあと、徳島ヴォルティスユースは、愛媛FC U-18 に 2点を奪われて 0-6 で敗れた。が、なんとか残留が決まった。

高知中央高校は、9位に終わり、プレミアリーグプレーオフでカマタマーレ讃岐U-18と愛媛FC U-18の両チームが同時にプレミア昇格を決めた場合にプリンスリーグ四国残留が決まることになる。

月別 アーカイブ